Thinking Avenue 放送後記

Thinking Avenue 放送後記をお届けします!

記事一覧

本当の「成人」って・・・?

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。
今回は、DJハギーさんはいらっしゃいませんでした。(笑)


今回のシンキン、「18歳で成人」というニュースをお伝えいたしました。これまで、民法で定められていたのは、成人=20歳ですが、昨今の社会情勢、特に、若年者の自立などを意識して、民法が改正され、成人=18歳となりました。2022年4月1日に施行されます。しかし、これはあくまで「法律上」の定義です。これまでも、「20歳」の人全てが、「立派な大人」(そもそも、「立派な大人」の定義がどんなものなのか、議論が別れるところではありますが・・・。)というわけではもちろんありませんでした。私の周りでも、10代ですごくちゃんとしている人もいれば、50歳を過ぎても、「なにやってんだ・・・?」という人もいます。法律も大事ですが、昨今のさまざまな世間の出来事を見るにつけ、「成人という意識を如何に自覚して振る舞えるか?」が何よりも重要だと考えます。(これだけ、偉そうなことを書いている私も、決して「立派な大人」ではありませんが。(汗))ちなみに、成人に許される、「飲酒」「喫煙」は健康への配慮から、これまでどおり、「20歳未満禁止」を維持します。今回の改正民法可決が、若者の自立を促し、社会の活性化に繋がることを望んでやみません。

次回のシンキンお聴き逃しなく。

  • 2018年06月18日(月)20時33分

大先輩、DJハギーさん!

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。

北海道を除く、日本全国が梅雨入りしました。しばらくは、鬱陶しい季節が続きますね。

さて、ここ最近、シンキンの収録でレディオ湘南に行くと、DJハギーさんによくお目にかかります。ハギーさんと言えば、現在は「GOOD MORNING 湘南」のDJとしてはもちろん、現在では数少ない、レディオ湘南開局当時からのスタッフでもあります。ありがたいことにハギーさんは、シンキンのことをとてもよく気にかけてくださり、「俺も劇(以前あったラジオドラマのコーナー)出してよ!」などと声をかけてくださいます。(笑)ハギーさんは今では、レディオ湘南だけではなく、JCOMキャスター、茅ヶ崎市親善観光大使、湘南の宝石実行委員長など、多彩な才能を駆使されてさまざまな分野でご活躍をされています。そんなお姿を拝見するにつけ、改めて凄いお方だなあ、と感心してしまいます。・・・いつの日かシンキンにハギーをお呼びできるように、もっともっと精進させていただき宅存じます。ハギーさん、その時は何卒よろしくお願い申し上げます!私自身も、大先輩の背中を見ながら、もっともっと頑張って行きます!

次回のシンキンお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2018年06月11日(月)20時35分

わいわい市

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。

いよいよ、6月です。今にも梅雨に突入しそうな今日、この頃ですね。

今回のシンキンも、収録でお送りいたしました。6月最初の週ということで、地域密着型フリーマガジン「フジマニ」編集長、三浦さんにご出演・・・の予定でしたが、三浦編集長が出張ということで、急遽、私が「フジマニ」最新6月号の内容をご紹介させていただきました。特集は「藤沢を食べよう」ということで、藤沢市内の各所で収穫される野菜や、それらを使った料理を提供している食堂などを取り上げています。その中でも、藤沢野菜をはじめ、さまざまな地元食材などをお求めいただける「藤沢わいわい市」をご紹介いたしました。正式には、「JAさがみわいわい市藤沢店」といいますが、そこで販売されているさまざまな農作物は、生産者の方が直接店頭へ運び、陳列も自らが行うのだそうです。ですから、新鮮さは折り紙つきです。商品についているバーコードには、生産者名と産地が明記されています。食の安全が強く意識されている今、安心して食べられる物だけが販売されています。わいわい市には、新鮮野菜だけではなく、加工品や湘南小麦を使ったパン、産みたて新鮮卵や、お米なども並んでおり、豊富な品揃えです。是非お出かけください。その他、お得な情報やイベント情報などが盛りだくさんの「フジマニ」6月号、是非お手にとってご覧ください!

次回のシンキンお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

☆JAさがみわいわい市藤沢店
 藤沢市亀井野2504 ☎0466-90-0831

  • 2018年06月04日(月)12時46分

スポーツマンシップに反します。

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

気が付けば、5月も終わりに近づいています。時の経つのは、早い・・・。

5月最終週ということで、毎日新聞論説委員、澤圭一郎さんにお電話でご出演いただきました。話題は、「アメフト悪質タックル問題」です。(大学名は皆さんご存知だと思いますが、ここではあえて伏せます。)澤さんも仰っておりましたが、今回の件、タックルをした方の大学の対応がめちゃくちゃですね。タックルをした学生は単独で、しかも顔出しで記者会見を開き、「監督からの指示があった」と明確にしているにも関わらず、その後日開かれた監督、コーチの会見では、「指示はしていない。」の一点張り。選手を守るどころか、責任を全部選手に押し付ける形です。スポーツの名門チームですから、プレー中に厳しい指示が出るのもわかります。でもそれは、「ルール」「スポーツマンシップ」が大前提です。相手選手にけがを負わせる(今回の件、タックルをした側の監督やコーチは、そのようには指示はしていないとは言っていますが)ようなプレーを選手に行わせることは、指導者以前の問題だと思います。今回の問題、一大学の問題だけでなく、スポーツ界、国までをも巻き込んだものになりつつあります。タックルをした大学側の真摯な態度が求められます。

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2018年05月28日(月)10時52分

稀代のスーパースター

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

朝、出かける時に外に出ると、この時期特有の青臭いにおいがする今日、このごろです。(笑)

今回のシンキンも、収録でお送りいたしました。番組でも取り上げましたが、歌手の西城秀樹さんが亡くなりました。多くの皆さんがおそらくそうだったように、私も非常に驚きました。西城さんはこれまでに2度脳梗塞で倒れられて、懸命のリハビリを続けていた矢先の出来事でした。よく使われる「男性アイドル」とはまた違った、独特のオーラ、カリスマ性、カッコよさを兼ね備えたアーティストだったと思います。私が小学生低学年のころ、そのころ多くあった歌番組のほとんどすべてに出演していて、特に「ヤングマン」などは、そのころの男子だったら、誰でも踊れていた記憶があります。リハビリの最中にも、もう一度ステージで歌いたい、ファンの前に出たいという気持ちを常に抱いていたということです。西城さんのような方を「スーパースター」と呼ぶのではないか、と思います。ご本人はさぞ、無念だったと思います。西城さんの姿を見ることはもはや叶いませんが、西城さんの音楽や映像は、永遠に残ります。まさに、日本の歌謡シーンの一時代を築いたアーティストでした。ご冥福をお祈りいたします。

やまもとゆずるでした。

  • 2018年05月21日(月)09時30分
Web Diary