Thinking Avenue 放送後記

Thinking Avenue 放送後記をお届けします!

記事一覧

書と共に、街へ出よう

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

今年も半分が終わってしまいました。まさに「光陰矢の如し」ですね。

今回のシンキンは、久々の生放送でお送りいたしました!でもって、7月最初の週ということで、地域密着型フリーマガジン「フジマニ」編集長、三浦さんにお電話でご出演いただき、7月号のフジマニから最新記事をご紹介いただきました。特集は「書と共に、街へ出よう」です。去る6月10日に開催された、「鎌倉ブックカーニバル」に関する記事です。鎌倉のあちこちで、本にまつわるいろいろなイベントが開催されたのです。古本市、本の作り手と読み手が繋がる本談会、子供たちへのお話会などなど。私も本が好きで、かばんの中に常に小説を一冊忍ばせております。駅で電車を待っているときなどちょっとした時間に本を広げると、そこに一気に別世界が広がります。想像力といいますか、空想力といいますか、そんなものが養えるような気がします。フジマニにも掲載されていますが、今はタブレット端末やスマホで気軽に本が読めますが、私は個人的にはやっぱり紙の感触を感じたり、装丁を楽しんだりできる「本」が大好きです。是非、あなたの「一冊」を見つけてみてください。その他、夏のイベントやお得な情報など盛りだくさんのフジマニ7月号、是非お手にとってご覧ください。

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2017年07月03日(月)09時53分

玉虫色の決着?

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

はっきりしないお天気が続いていますが、お元気ですか?

今回のシンキン、6月最終週ということで、毎日新聞論説委員の澤圭一郎さんにお電話でご出演いただきました。今回のテーマは、「豊洲市場問題」です。東京都の小池知事が緊急記者会見を行い、豊洲市場への移転につきまして「豊洲市場への移転を決定するとともに、現在の築地市場も有効活用し、将来的に築地へ市場を戻す。」という発表をしました。澤さん曰く、「政治的な玉虫色の政治決着」だそうです。これを書いている現在、東京都は都議会議員選挙の真最中です。シンキンでもこの豊洲市場問題は何度も取り上げていますが、賛否両論が渦巻いています。澤さんの見解では、都議会における地域政党の党首も務める小池知事は「豊洲」か、「築地」かをはっきり白黒つけてしまうと、それに反対する方の票を逃してしまう、と踏んだのではないか?とのことです。お考えはわからなくもないですが、具体的なイメージがわからないというのが大方の見方ですね。「築地市場の敷地有効利用」って、どうするんでしょうか?小池知事は「築地ブランドを使わない手はない」とも仰っています。これもわからなくはないですが、だとしたらそもそも「市場移転」なんて打ち出さなければいいのに、と思います。(まあ、豊洲移転の話自体は、小池さん以前の知事の方々が出したことですけど。)なんだか、釈然としませんね。

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2017年06月26日(月)12時41分

巨星落つ・・・

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

最近、やけに汗をかきやすくなった私でございます。(笑)

今回のシンキンも、様々なニュースや情報をお届けいたしました。その中で、女優の野際陽子さんの訃報をお伝えいたしました。野際さんといいますと、数多くのドラマで活躍された女優さんというイメージが強いですが、もともとはNHKのアナウンサー出身の方なんです。そのせいか、非常にきれいな日本語を使われる方というイメージを持っています。アナウンサーから女優に転身後も、ドラマ「ずっとあなたが好きだった」などの、非常に鮮烈な役どころを務められてきました。スタイルも抜群で、お若いときにパリに行かれて、帰っていらっしゃった際、飛行機のタラップに現れたのは当時、日本の女性が身につけることがなかったミニスカート姿の野際さんでした。その日本人離れした格好に、現場にいた記者や出迎えのお客さんが度肝を抜かれたそうです。女優の他、バラエティーやトーク番組にも多く出演され、その飾らないキャラクターから多くのファンを魅了してきました。まさに「才色兼備」という言葉がお似合いの女性でした。またひとつ、日本の芸能界にとって大きな星がなくなってしまいした。非常に残念です。心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2017年06月19日(月)11時31分

私も将棋をやっておけばよかった・・・。

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

最近、常に眠気が抜けない日が続いています。(笑)

今回のシンキンは、通常プログラムでお送りいたしました。ニュースでも取り上げましたがここ数日、将棋界では最年少プロ棋士、14歳の藤井聡太四段の話題が取りざたされていますね。このたびの大阪市で行われたトーナメント戦で3連勝し、羽生善治3冠らを抜いて、歴代23連勝を達成しました。私、お恥ずかしながら将棋に関する知識は0(ゼロ)なのですが、素直に「すごい」と思いました。素人ながら考えるのですが、藤井四段のように将棋の世界でどんどん上り詰めていく人って、ほぼ皆さん幼少の頃から将棋に慣れ親しんでいる方が多いですよね。もちろん、テクニックなどもあるのでしょうけど、なんと言うか、「先の先を読む」みたいな感覚を幼い頃からいかに身につけるのかが、ポイントなんでしょうかね。最近、藤井四段の影響からか、プロ棋士の方が多くのメディアに出ておられます。これを機に、将棋界がもっともっと盛り上がって、将棋を始める人が多くなってくれるといいですよね。

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2017年06月12日(月)10時42分

愛すべき地元のスイーツたち

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

6月に突入です。これから、うっとうしい季節になってきますね。(笑)

月最初の週ということで、地域密着型フリーマガジン「フジマニ」編集長、三浦さんにご出演いただきました。三浦さん、お風邪を召されているということで、いつものハイトーンボイスから、ちょっとハスキーボイスでした。最新6月号のフジマニから、内容をご紹介いただきました。前回ご出演時に、三浦さんから、「編集メンバーに多くの女性が加わった」というお話をいただいたのですが、今回のフジマニ6月号から、女性目線の記事が多くなった気がします。そしてご紹介いただいたのは、特集「このまちのスイーツ」です。スイーツといいますと最近ではコンビニ各社が、専門店でも売っていそうな豊富な種類の「高級スイーツ」的なものを販売しています。そんな中、今回の記事では藤沢・湘南の街中にある、様々な和菓子、洋菓子店を紹介しています。実は藤沢ではこの10年間で、菓子店が約40店舗も廃業しているのだそうです。先ほども述べましたが、最近では「高級スイーツ」「お取り寄せスイーツ」など、スイーツも多様化が進んでいます。こういう時代だからこそ、地元のスイーツに注目すべきなのではないでしょうか?記事を拝見して私自身、藤沢にこんなに多くのお菓子やさんがあったのかと思った次第です。その多くのお店が大量生産ではなく、ご家族で経営されているお店なんですね。味も製法も代々受け継がれてきたものだったり・・・。フジマニでは、そんな温かみのある地元のお菓子やさんが数多く紹介されています。是非、地元のスイーツをご堪能下さいませ。その他、耳寄り、お得な情報が満載の「フジマニ6月号」、是非お手にとってご覧下さい!

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2017年06月05日(月)11時40分
Web Diary