レディオ湘南

 

藤沢市広報番組 ハミングふじさわ月曜日~金曜日 10:00~10:30/19:00~19:30(再)

おいしい藤沢産

12月27日(木)

・取 材 先:社会福祉法人光友会 ライフ湘南 喫茶 茶房留 
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、社会福祉法人光友会 ライフ湘南「喫茶茶房留」さんにお邪魔してきました。
藤沢市と共同開発した、藤沢のご当地弁当と言える「藤澤宿御弁当」を作っている事業所です。

<藤澤宿御弁当について>
お弁当の中身は、100%藤沢産の食材です。季節によって多少内容が変わりますが、主に、「やまゆりポークの角煮」、「しらすシューマイ」、「厚焼き玉子」、「藤沢産こしひかり」など、とても豪華な内容になっています。お弁当の箱のデザインも素敵で、藤沢宿に因んだ浮世絵で包まれています。
お値段は、お茶と市内の和菓子店の生ドーナツがついて、消費税込み1つ1,000円です。

主に、「ふじさわ宿交流館」で、団体向けの予約販売となりますが、ライフ湘南 喫茶茶房留さんでも予約が可能です。数量は10個以上で、7日前までには予約が必要です。
藤沢宿弁当のご注文やお問い合わせ
・藤沢市ふじさわ宿交流館 電話 0466-55-2255
・喫茶茶房留 電話0466‐86-6563 

<その他にも魅力いっぱいの喫茶茶房留さん>
「喫茶 茶房留」さんでは、店内でランチもいただけます。施設内で作った手打ちうどんや手作りパン、お豆腐などを用いたメニューが揃います。特に、天ぷらうどんが人気だそうです。
店内では、約12名の利用者の方々が日替わりで接客を担当されています。皆さん、丁寧に笑顔で応対してくださったのが印象的でした。
営業時間は、平日の午前11時30分開店で、午後2時ラストオーダーです。年末年始は、12月28日(金)から1月6日(日)までお休みで、年明け1月7日(月)からの営業です。

訪れる側も、心が明るくなり、元気がもらえるお店です。皆さん、ぜひご利用ください。

社会福祉法人光友会 ライフ湘南 喫茶茶房
神奈川県藤沢市遠藤642-6
TEL 0466‐86-6563
https://www.lfa.jp/office/life_shonan/

12月20日(木)

・取 材 先:そば処旬菜房 貴乃家 高橋さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、藤沢市渡内にあるお蕎麦屋さん、「そば処旬菜房 貴乃家」さんをご紹介しました。
かつて、天ぷら屋さんをしていたお父様から引き継いで、お蕎麦屋さんとしてお店をスタートしてから13年目を迎えるお店です。
石うす引きの手打ち蕎麦を気軽にいただけるということで、お邪魔した平日のランチタイムも、お客さんで賑わっていました。

<お店で使用している藤沢産食材>
季節毎に採れる藤沢産野菜です。旬の野菜を天ぷらにしたり、ホウレンソウやナス、トマトなどをオリジナルメニューの「胡麻かけそば」にのせたり、お店で提供する野菜は、できるだけ藤沢産にしているとのことです。
夜には一品料理として、「サトイモの煮っころがし」や「ホウレンソウとシイタケのおひたし」など、家庭的なお料理としても、いただくことができます。
地元で採れた野菜は、「採れたてを仕入れることができるので新鮮で、季節や旬がわかりやすく、生産者の顔が見える安心感がある」とお話いただきました。
野菜を調理する際は、あまり手を加えずに、素材そのものを味わっていただけるように、丁寧にお料理するように心がけているそうです。

アイディア豊富な店主の高橋さんが作りだす、担担麺のような「冷やし胡麻掛けそば(うどん)」や、コクがあり優しい味わいの「豆乳そば」もファンが多いそうです。
「そば処旬菜房 貴乃家」さんへぜひお立ち寄りください。

そば処旬菜房 貴乃家
神奈川県藤沢市渡内4丁目2-15
TEL  0466-23-7838
https://sobatakanoya.on.omisenomikata.jp/

12月6日(木)、13日(木)

 ・取 材 先:湘南ほっと農園 深瀬さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、藤沢市内で、2011年から新たに農業を始めた「湘南ほっと農園」深瀬さんにご登場いただきました。市内の複数の畑で野菜作りに励んでいらっしゃいます。
長後にある畑でお話を伺いました。ちょうど畑では、有機栽培で育てたサトイモやホウレンソウ、小松菜、ブロッコリーなどの野菜が育っていました。

<深瀬さんの農業の特徴>
できるだけ自然に近い育て方をする自然栽培で野菜を育てています。
畑では、かまぼこ型に土を盛ったウネの上に、その土地にある葉や刈った草などを乗せてあり、よく見かける整地された畑とは全く違うものでした。そのウネのまわりには雑草が生えたままになっていることも驚きました。深瀬さんが目指す「自然の森のような畑」で育った野菜は、丈夫で健康そのものです。

<野菜の直売>
深瀬さんの育てた野菜を食べてみたいなと思われた方も多いと思います。
毎月第1日曜日は片瀬漁港の朝市、第2日曜日は辻堂海浜公園のローカルマーケット、第4日曜日は、東奥田公園のイーマルシェに出店されています。時には出店をお休みされる場合もあるとのことですので、ご了承ください。

来週の木曜日の放送でも、深瀬さんに、旬の野菜や農業への想いなどを伺っています。
来週もお楽しみに!

11月29日(木)

 ・取 材 先:肉のホドシマ 本社売店 間宮さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、藤沢産利用推進店より、辻堂駅南口より歩いて3,4分程のところにある、「肉のホドシマ 本社売店」さんにお邪魔してきました。大正時代から続く老舗で、昔ながらの対面販売で、お肉の量り売りしているお肉屋さんです。

<お店のイチオシの藤沢産食材>
市内の御所見地区で育てられている藤沢産の豚肉をご紹介いただきました。新鮮さと、国産のお肉に引けを取らないおいしさが魅力ということです。ショーケースには、「藤沢産」という目印でわかりやすく表示がされていて、お料理の用途にカットをした藤沢産豚肉がずらりと並んでいました。
地元の豚肉という安心感から、市内のお客様にも評判が良いということで、お邪魔した当日も、実際にお客様が藤沢産豚肉をお求めになっている姿がありました。また、近隣の飲食店の方も買い出しにいらしていました。

地元に店を構える者として、地元のお肉をお客様に提供したいという思いで、地産池消にこだわり、藤沢産豚肉を積極的に扱っているそうです。

藤沢産豚肉は、これからの寒い時期、温かい鍋料理にもピッタリのお肉と教えていただきました。ぜひ皆さんも地元の味、藤沢産の豚肉を味わってみてください。
おいしい藤沢産が「肉のホドシマ 本社売店」さんに、ぜひお立ち寄りください。

肉のホドシマ 本社売店
神奈川県藤沢市辻堂1-9-5
TEL  0466-36-0963
http://hodoshima-shouten.co.jp/

11月22日(木)

・取 材 先:隠れ家 辻堂店 店長 梅田さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、藤沢産利用推進店より、辻堂駅南口より歩いて2分程のところにある、「隠れ家 辻堂店」さんにお邪魔してきました。
今年でオープンから8年目を迎えた、ビールと創作料理が楽しめるお店です。店内のテーブル席はカーテンで仕切って個室風に使用することができるので、店名にある「隠れ家」のような、居心地の良い雰囲気でした。

<お店で使用している藤沢産食材>3つご紹介いただきました。
1つ目は、市内、獺郷(おそごう)の養豚農家で育てられている豚肉です。こちらの豚肉を用いた温かい鍋料理「藤沢産豚肉のチリトリ鍋」は大人気の一品です。
2つ目は、地場産野菜です。こだわりの「お通し」は、地元農家さんと提携して、地場産の無農薬野菜を必ず使用することにしているというお話でした。野菜の味わいを感じてもらえるように、なるべくシンプルにお料理することがポイントということでした。
来年、年があけた頃には、菜の花なども出てくるそうです。旬の野菜をどんな風にいただけるのか、毎回訪れる楽しみになるなと思いました。
3つ目に、長後で収穫した梅で作られた梅酒です。さっぱりとした味わいでどんな食事にもぴったりの梅酒いうことで、年間を通していただけるお酒です。

店長の梅田さんの、「地元の方を応援したい」、「地産地消を盛り上げたい」という思いをお料理を通して感じることができるお店でした。

隠れ家 辻堂店
神奈川県藤沢市辻堂1丁目2-23
TEL  0466-54-7787
http://www.kakure-ga.com/

11月15日(木)

・取 材 先:さつまや本店 板長:池田さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、藤沢産利用推進店より、お寿司や和食がいただけるお店、「さつまや本店」さんにお邪魔してきました。お店の場所は、かつて旧東海道、藤沢宿で栄えた場所、電車では小田急線藤沢本町駅より徒歩8分程のところにあります。

<地産地消への想い>
さつまや本店さんは、長年藤沢でお店を構える地元の老舗ということで、板長自ら厳選した地元の美味しい食材を使用して、お客様に味わってもらいたい、という思いで、地産地消にこだわっていらっしゃいます。
お店で使用している代表的な藤沢産食材、ということで教えていただいたのは、市内の打戻にある金子養鶏場さんの卵です。その卵の味わいは、水っぽくなく、しっかりとしたコクがあるのが特徴で、「厚焼き玉子」を作るのに最適なんだそうです。

<厚焼き卵のレシピを公開!>
まず、卵焼きのタレを作ります。かつおだしのだし汁300cc、みりん20cc、薄口醤油20cc、砂糖50gを合わせてタレの完成です。
次に、卵5個に対して、こちらのタレ100ccを混ぜて、焼いていきます。
お店では銅板のフライパンで焼きますが、家庭では、テフロン加工されたフライパンで焼くのが、焦げ付かずきれいに焼けるということです。そして、やはりお店と同じ卵で作るのが美味しさの決め手です。
金子養鶏場さんの卵は、打戻にある養鶏場の直売所または、亀井野にある「JAさがみ わいわい市 藤沢店」でお求めいただけます。ぜひ藤沢産の卵を用いて、お店の味に挑戦してみてはいかがでしょうか?
もちろん、お店で焼きたての「厚焼き玉子」も味わっていただきたいと思います。

さつまや本店
神奈川県藤沢市藤沢1-3-6
TEL 0466-23-2487
http://www.satsumayahonten.com/

11月8日(木)

・取 材 先:インドレストランJoy&Moni’s 横山さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「インドレストランJoy&Moni’s」さんにお邪魔して、お店で使用している藤沢産野菜ついてお話を伺ってきました。
お店の場所は、藤沢駅南口より徒歩5分程で、「ホテル法華クラブ湘南藤沢」の地下1階の飲食街の中にあります。
料理人の方々は、インド出身の皆さんです。料理を取り仕切るのは、インドの有名店のコックさんだった方で、カレーやタンドリーチキンなど、お店に並ぶ全てのお料理は、自信を持ってお届けできるものということです。この味を求めて、インドカレーはここ!と決めて通い続けるお客様が多いようです。

<藤沢産野菜がいただけます>
今回、お店のイチオシということで、藤沢産の野菜を用いた「野菜カレー」を出していただきました。大根やお芋などの根菜を中心に煮込んだカレーは、時間をかけてじっくり煮込んでいらっしゃるんでしょう、コクがあり、野菜の甘みもあり、そしてインドカレーの風味がきいている、本当に美味しいカレーでした。ゴロっと入っている大根がやわらかくて、みずみずしくて、インドカレーにとてもマッチしていたのも驚きました。
大根は、特に市内の鵠沼で育ったものが特に美味しい!と仰っていました。

<藤沢産へのこだわり>
開店当初に、近所の農家の方からいただいた大根の美味しさに感動したという横山さんが、「その美味しさを多くの方に味わってもらいたい」、という想いで、地元の野菜にこだわっていらっしゃいます。

市内のイベントにも積極的に出店されているJoy&Moni’sさんですので、ぜひ見かけたら、お立ち寄りいただきたいと思います。もちろんお店にも足を運ばれてみてください。

インドレストランJoy&Moni’s
神奈川県藤沢市鵠沼石上1丁目6?1
TEL 0466-28-1552
http://mytown-esta.com/gourmet/s202/http://mytown-esta.com/gourmet/s202/

11月1日(木)

・取 材 先:食堂いのうえ 井上さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、江の島周辺で捕れた魚介類をたっぷりいただけるお店、「食堂いのうえ」さんにお邪魔してきました。
お店の場所は、江の島島内です。弁天橋を渡って、鳥居をくぐらず左に進むと、住宅地の一角に現れます。観光地の喧騒を感じない静かな路地にあり、とても落ち着く場所です。
今から40年近く前に創業され、以来、ご夫婦二人三脚で食堂を営まれています。
店主の井上さんと奥様の人柄の良さと温かさが溢れたアットホームなお店です。
午前10時30分の開店から、お昼、夜までお休みなく開けていらっしゃいます。
月曜日がお休みですが、祝日の場合はお店を開けているそうです。
観光客はもちろん地元の方が来店したり、午後から夕方には漁師さんが食事をしたり、時間を気にせず立ち寄れるという点も魅力です。

<藤沢産の地魚がたくさん>
今回、お店のイチオシということで、お刺身と生シラスをお出しいただき、大変美味しくいただきました。朝捕れたばかりのヒラメ、イシダイ、ハタのお刺身は、ぷりぷりで、歯ごたえがありました。生シラスも透き通っていて、ツルツルしていました。
どれもこれぞ新鮮!というお味でした。
これからの季節は、江の島周辺ではカマスが美味しくなってくる時期なんだそうです。
家庭でも塩焼きやフライにして食べてみてほしい!とご紹介いただきました。
ぜひ皆さんにも地魚の新鮮さを味わっていただきたいなと思います。

今回は、藤沢産食材、海の幸をご紹介しました。
食堂いのうえ
神奈川県藤沢市江の島1-7-5
TEL 0466-27-1524

10月25日(木)

・取 材 先:海湘丸 湘南台店 店長天野さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、藤沢産食材がいただけるお店、藤沢産利用推進店より、海鮮ダイニング「海湘丸 湘南台店」さんにお邪魔してきました。
お店の場所は、藤沢市石川にあり、湘南台駅から車で5分程のところに位置しています。駐車場が完備されているのはもちろん、事前予約になりますが、無料の送迎バスのサービスもあります。利用される方や団体も多いそうです。
「海湘丸」という店名のとおり、地場産のおいしい海の幸がいただけるお店でした。
入口に「漁師の店」と掲げられていたので、お尋ねすると、かつて鎌倉に船があり、漁で捕れた魚介類をお店で使用されていたのだそうです。現在も引き続き、地元の漁師さんとの繋がりを大事に、毎朝新鮮な魚の仕入れを行っています。

<イチオシの藤沢産食材>
相模湾で捕れた生シラス、釜揚げシラス。
イワシ、サバ、アジ、サザエなどはお刺身で。
特に今の時期は、カマスのフライ、天ぷらなどもふわふわで美味しい!とのことです。
その他、地場産の伊勢海老などもあります。
朝、捕れたばかりのお魚を、お昼には提供いただける鮮度がウリです。

藤沢産野菜では、お刺身のツマとして大根を用いているそうです。
シャキシャキの大根の食感もぜひ味わっていただきたいというお話でした。

今回も、たくさんの藤沢産食材を知ることができました。また来週もお楽しみに!
海湘丸 湘南店
神奈川県藤沢市石川1-9-5
0466-89-0213
https://kaisyoumarushonandai.gorp.jp/

10月18日(木)

・取 材 先:そば処くま乃 熊野さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、藤沢産利用推進店のお店より、老舗のお蕎麦屋さん「そば処くま乃」さんにお邪魔してきました。
お店の場所は、国道467号線を江の島方面へ向かい、境川の橋を渡ってすぐ左手にあります。
お店は、かつて新潟より運んだという重厚感ある建物で、囲炉裏を囲う席やお座敷があり、ゆったりと過ごすことができる居心地の良い雰囲気でした。

<お店で使用している藤沢産食材は?>
江の島の漁師さんから仕入れた地場産のシラスや旬の野菜です。
野菜は八百屋さんから仕入れる他、店主ご自身が市内の畑で自家栽培した野菜も用いています。ホクホクのサツマイモの天ぷらなどでいただくことができます。

藤沢ご出身の店主が、地元を応援したい!地元をもっともっと元気にしたい!という想いで、藤沢産食材にこだわっているというお話でした。

気さくで親しみやすい店主がお待ちです。
ぜひ、「そば処くま乃」さんにお立ち寄りください。

そば処 くま乃
藤沢市片瀬2-11-20
TEL  0466-27-8668

10月11日(木)

・取 材 先:餃子升栄軒 仲山様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、藤沢産利用推進店のお店より、昭和41年創業の「餃子升栄軒」さんにお邪魔してきました。

お店の場所は、藤沢市亀井野にある「下屋敷」交差点のすぐ近くです。駐車場が完備されているので、お車でも来店しやすい場所です。
店内には、カウンター席やテーブル席、小上がりのお座敷席があり、お一人ではもちろん、ご家族、お子様連れの利用も多いそうです。

<お店で使用している藤沢産食材は?>
その時期に採れる旬のお野菜です。
●息子さんが考案したというイチオシのオリジナルメニューが「トマト麺」。
藤沢市西俣野で収穫したトマトをまるまる1個使用しているということで、まるまる藤沢産をいただくことができます。
●お店の看板メニューの餃子に使用するキャベツやタンメンにのせる野菜、夏は冷やし中華のキュウリなどもできるだけ藤沢産野菜を用いているとのことです。
その中でも、今回、わたしがいただいたのが「餃子」。たっぷりのキャベツが包まれていて、その甘味が口の中にジュワーっと広がる、本当においしい餃子でした。
●市内で農家を営んでいるご親戚から、採れたての野菜を仕入れた際には、日替わりメニューに取り入れることもあるそうです。季節によって、また日によって、楽しめる藤沢産野菜が変わるという楽しみがあります。

親子の息のあったチームワークで手際よくお料理を作られています。
思わず「ただいま」と言いたくなるような、アットホームなお店でした。
旬の藤沢産野菜を、ぜひお店で味わってみてはいかがでしょうか。

餃子升栄軒
藤沢市亀井野2212
TEL  0466-81-2740

10月4日(木)

・取 材 先:三笠会館 鵠沼店 料理長:金崎さん、支配人:町澤さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、藤沢産利用推進店のお店より、昭和48年にオープンした老舗のフランス料理店「三笠会館 鵠沼店」さんにお邪魔してきました。

お店の場所は、小田急線鵠沼海岸駅より徒歩10分程。国道134号線沿いの通りに面しています。駐車場も広々と完備されています。
大きな洋館の中は、まるで外国に訪れたような空間が広がっています。南欧風の白壁に包まれ、赤い絨緞やオレンジのソファーなどのインテリアが映えて、とても素敵でした。

地元に長年愛され続けているということで、ランチタイムにはご近所の奥様方のご利用が多く、夜の時間帯になると、ご夫婦やカップル、また、特に週末には、ご家族3世代でお爺様、お婆様からお孫さんも含めて来店される方が多いそうです。

今回は、お店で使用している藤沢産食材として、「湘南みやじ豚」をオススメいただきました。うまみの強いお肉で、油の甘味もあり、後味がとても良いという特徴があります。お店では、そのみやじ豚を「炭火焼き」でジューシーにいただけるということで、お客様から大好評の一品です。料理長ご自身も、みやじ豚に魅了されているお一人とのことです。
また、お野菜もできるだけ地場産の旬のものを仕入れてられているというお話でした。
地場産にこだわりを持ちつつ、伝統のフランス料理の味を堪能できるお店でした。

三笠会館 鵠沼店
藤沢市鵠沼海岸 1丁目11?23
TEL: 0466-34-5851
https://www.mikasakaikan.co.jp/restaurant/french/mikasa-kugenuma/index/

9月27日(木)

・取 材 先:イタリアンレストラン タントタント 鈴木 様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、藤沢産利用推進店のお店より、「イタリアンレストラン タントタント」さんにお邪魔してきました。

お店の場所は、藤沢駅南口より徒歩6分程とアクセスしやすい場所にあります。すぐ近くに東奥田公園があり、閑静な落ち着いたエリアです。
お店は、アンティークで木のぬくもりを感じるインテリアに包まれていました。イタリアの家庭に招かれたような気分になってもらえたら、というお店の想いを感じることができます。

「イタリアンレストラン タントタント」さんでは、前菜からピッツア、パスタなどお料理はもちろん、ワインやカクテルなど100種類以上のドリンクも楽しむことができます。

<お店で使用している藤沢産食材>
地元の野菜や豚肉、鵠沼魚醤などです。中でも、お店の看板メニューの「湘南野菜のバーニャカウダ」では、季節ごとに旬の藤沢産野菜をいただけるということで、大人気の一品です。
また、店内では、鵠沼魚醤入りの手作りのバーニャカウダーソースの販売も行っています。お客様から自宅でもソースを楽しみたい!という声があがり、その要望にこたえる形でソースをお持ち帰りいただけるようにしたということです。お客様との会話や交流も、シェフの鈴木さんの大きな楽しみなんだそうです。

気軽に立ち寄れるアットホームなお店です。ぜひ足をお運びください。

イタリアンレストラン タントタント
神奈川県藤沢市南藤沢15-15-1
TEL: 0466-24-4785
http://www.tantotanto.com/

9月20日(木)

・取 材 先:Happy like a HONEYBE,Smile to say Hello! 様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、先月8月の放送に続いて、2回目のご登場となる「Happy like a HONEYBE,Smile to say Hello!」さんです。
お店の場所は、辻堂駅より徒歩8分程、辻堂サーファー通り沿いにあります。
主に地元の有機野菜やこだわりのお肉、信玄鶏などを用いてお料理を提供されているオーガニックレストランです。地元の方はもちろん、ビーガン料理やアレルギー対応料理を目的に、遠方から足を運ばれる方も多いお店です。

今回は、藤沢産野菜をお店に納めている農園「ローエングリン」さんにもご登場いただきました。8月の暑い日にお邪魔したので、当日は、夏野菜であるオクラやパプリカをお持ちになっていました。どれも採れたてでツヤツヤしていて美味しそうでした。子どもたちが野菜を楽しく食べられるようにと、こだわってきれいな色の野菜を栽培されているとのことでした。1つ1つ愛情をかけて育てていらっしゃるんだなと強く感じました。
農園「ローエングリン」さんの野菜は、市内では、辻堂元町にある「湘南T-site」や「るる湘南」で購入することができます。
先日、「湘南T-site」内の「FOOD&COMPANY」さんにお邪魔してみると、手店頭には、「ローエングリン」さんのバターナッツかぼちゃが並んでいました。大きなピーナッツのような形をしたクリーム色のかぼちゃで、今がまさに旬ということです。ご自宅でお料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。もちろん、「Happy like a HONEYBE,Smile to say Hello!」さんでも、こちらのバターナッツかぼちゃをスープにしたり、コロッケにしたりして、いただくことができるようです。秋の味覚をぜひお店で味わっていただきたいと思います。

Happy like a HONEY BEE,Smile to say HELLO
神奈川県藤沢市辻堂元町3-15-29
TEL: 0466-86-5286
https://www.smiletohello.com/

9月13日(木)

・取 材 先:牛s湘南藤沢店
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、牛肉専門のレストラン「牛s湘南藤沢店」さんにお邪魔してきました。

お店の場所は、藤沢駅北口より徒歩4分程の遊行通り沿いにあります。駅から向かうと、私たちレディオ湘南のスタジオを少し通り過ぎたところです。
お話を伺った店主は、もともと牛肉の卸業をされていて、現在も牛肉の輸出のお仕事をされているということで、牛肉のことなら何でも知っているというプロフェッショナルです。

<お店で使用されている藤沢産食材>
店主がご自身の目利きで仕入れて、自信を持って提供しているのが、藤沢市遠藤で育った和牛のお肉、「湘南和牛」です。
お肉の特徴は、「赤味がとにかく美味しい!」、「霜降りが綺麗で美味しい!」とのこと。
お店では、ステーキや肉寿司、焼肉、和牛ハンバーグなどでいただくことができます。
店内はお肉を焼きあげた美味しい香りが漂っていました!

さらに、藤沢産野菜もふんだんに、季節の旬のお野菜をサラダや焼き野菜、お肉の付け合せなどで提供されています。

<美味しさを世界に向けて発信>
お肉を求めて、地元の方はもちろん、外国から足を運ばれる方も多いというグローバルなお店になっています。店主は、肉の輸出のお仕事も引き続き行っていき、今後も地元の食材を、藤沢から世界に向けて届けていきたいと仰っていました。今後の活動にも期待したいお店です。

おいしいお肉、野菜を味わいにお立ち寄りください。

牛s湘南藤沢店
神奈川県藤沢市 藤沢576 林 ビル 2F
TEL: 0466-29-1129
http://gyus.info/

9月6日(木)

・取 材 先:ピッツェリア チェッポ 若山様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、本場イタリア仕込みのピザ屋さん「ピッツェリア チェッポ」さんにお邪魔してきました。
お店の場所は、藤沢駅北口より徒歩6,7分程で、藤沢銀座土曜会の商店街を進み、スーパー「ダイエー」を少し超えた左手です(銭湯のお隣です)。

店長の若山さんは、北イタリアで行われる「世界ピザ職人選手権大会」に出場し、入賞を果たすなど、まさにプロのピザ職人です。若山さん自ら焼き上げるピザは、外側はパリパリの皮と中はモチモチの生地で、お客様から「これまでに食べた中で一番美味しいピザ!」と称されることも多いようです。

<お店で使用している藤沢産食材>
地場産の野菜をたっぷりと用いられています。ピザに乗せるトマトやルコラはもちろん、前菜でも藤沢産野菜がいただけます。その他、シラスを乗せたピザもお店の定番人気です。
そして、ピザをこねるのに必要なお水について、「藤沢のお水はおいしい!」ということで、配合を工夫して、もちろんお水も使用されています。

お持ち帰りピザも種類が豊富です。焼きたてのピザをご用意いただけますので、お持ち帰りの際はご予約のお電話をお願いします。冷めても美味しく食べられるように工夫をしているそうですので、家でも美味しいピザが楽しめそうです。

ピッツェリア チェッポ
神奈川県藤沢市藤沢1009 田口ビル1階
TEL: 0466-22-3393
https://www.pizzeria-ceppo.com/

8月30日(木)

・取 材 先:Happy like a HONEYBEE, Smile to say HELLO!
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」の登録店より、「Happy like a HONEYBEE, Smile to say HELLO」さんにお邪魔してきました。お店の場所は、辻堂駅より徒歩8分程、辻堂サーファー通り沿いにあります。
地場産の有機野菜を中心に、厳選した食材を用いてお料理を提供しているオーガニックレストランです。

今回は、地場産の食材を使用することに対しての、シェフの佐藤さんのこだわりや想いを伺うことができました。「そこに育っている人は、そこに育ったものを食べると健康になれる」という考えから、「食材の80%以上は20キロ圏内から取り寄せて使用する」というお話が強く印象に残りました。ご自身の信念を貫いている姿は、とてもかっこよかったです。
お邪魔した当日は、野菜を栽培している、ふるやさんにもお越しいただき、旬の野菜や野菜づくりのこだわりなどを伺いました。また、ふるやさんの作る野菜を用いたお料理などもシェフにもお尋ねしました。
その様子は来月、9月20日(木)放送の「おいしい藤沢産」コーナーで紹介予定です。

お店の情報は、インスタグラム、ツイッター、フェイスブックでも発信されているので、ぜひチェックしてみてください。

Happy like a HONEY BEE,Smile to say HELLO
神奈川県藤沢市辻堂元町3-15-29
TEL: 0466-86-5286
https://www.smiletohello.com/

8月23日(木)

・取 材 先:磯料理 中華みはる 関根様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、創業55年目を迎える老舗のお食事処「磯料理 中華みはる」さんにお邪魔してきました。地魚をふんだんに用いたお刺身や丼ぶりの他、もともと中華料理出身という2代目店主が作る本格的な中華料理も堪能できるお店です。
お店の場所は、辻堂サーファー通り沿い、県立辻堂海浜公園のすぐ隣にあります。

<お店で使用している藤沢産食材は?>
地元の網元から仕入れる生しらすや地魚などの魚介類、地場産の野菜です。
藤沢で生まれ育った関根さんが、「地元で採れたものは良いものばかり!」と仰っていたのが印象的でした。藤沢産食材の美味しさを知ってもらいたいとの想いで、地場産にこだわっていらっしゃいます。

お店のたくさんのメニューの中から、中でも特にお客様から大人気なのが、「湘南クリームコロッケ」です。藤沢市の観光名産品にも指定されている一品です。しらすがたっぷり入ったクリームコロッケ、とても美味しそうでした。人気で売り切れになることもあるので、お早目にご注文しておくと良さそうです。コロッケはお持ち帰りもOKです。

<イベント出店も積極的!>
市内に限らず、各地のお祭りやイベントなどの出店も積極的に行っていらっしゃいます。
日本最大級のフェス「フジロック」へ4年連続で出店したり、昨年は湘南国際マラソンの給水ポイントでミニしらす丼を提供したり、新しい試みにもチャレンジされています。
市内での出店は、今年の12月末、遊行寺で出店を予定しているそうです。

店内は、気さくなお店の方々との会話が楽しめる、居心地の良い雰囲気が広がっていました。ぜひお気軽に、まずは一歩お店に足を踏み入れていただければと思います。

磯料理 中華みはる
神奈川県藤沢市辻堂東海岸4丁目2?18
TEL: 0466-34-8093

8月16日(木)

・取 材 先:YASSAI MOSSAIさん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、小田急線湘南台駅 徒歩2分程のところにあるダイニングバー「YASSAI MOSSAI」さんにお邪魔してきました。

広々とした店内には、靴を脱いで上がるお座敷席、その他テーブル席やゆったりと座れるソファ席があります。パーティーや宴会などの貸切利用でも、よくお使いいただいているとのことです。ご来店されるお客様は、湘南台は学生が多い街ですので、大学生はもちろんのこと、お仕事帰りの方や年配の方まで、幅広い年齢層の方にご利用いただいているファンが多いお店です。

<お店で使用している藤沢産食材>
新鮮な地場産野菜は、湘南台の農家、神山さんから、
お店の看板メニューになっている藤沢産の豚肉「みやじ豚」は藤沢の養豚農家、宮治さんから仕入れをされています。
生産者の方との繋がりをとても大事にされていることも、お店の大きな特徴の1つです。

お客様からの嬉しい声も届いています!
例えば、お野菜を使ったお料理を召し上がられたお客様からは、「苦手だった野菜を克服することができた」、「野菜がお酒にこんなに合うなんて思わなかった」、「ダイニングバーでこんなにお野菜が美味しいなんてびっくりした!」など。
藤沢産の野菜の美味しさを知ってほしい、というお店の想いがお客様にしっかりと伝わっているようです。

食材にこだわりを持ち、自慢のお料理を堪能できるダイニングバーです。
気軽に立ち寄れるカジュアルな雰囲気のお店ですので、ぜひ足をお運びください。

YASSAI MOSSAI
神奈川県藤沢市湘南台2丁目5?10
TEL: 0466-46-1831
http://yassaimossai.main.jp/

8月9日(木)

・取 材 先:お菓子のアトリエ ニコラ 田代さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、藤沢産の美味しいものを詰め込んだようなケーキ屋さん、「お菓子のアトリエ ニコラ」さんにお邪魔してきました。
お店は藤沢市遠藤にある「滝の沢商店街」の中にあります。赤いテントが目印です。辻堂駅または湘南台駅よりバスで約15分程です。
3年前にオープンした新しいお店ですが、「美味しくて、かわいらしいお店」と、口コミでも話題で、今や多くのファンがいます。

 

<お店で使用している藤沢産食材>
お菓子づくりにはかかせない食材の多くを藤沢産でまかなっています。
卵や牛乳、小麦、おから、きなこ、旬の果物など、厳選して食材を仕入れています。

<おすすめのお菓子>
代表的なお菓子は、シェフのご実家の農家で栽培している藤沢生まれの葡萄、“藤稔(ふじみのり)”を用いたお菓子です。藤稔は、8月の今、そろそろ本格的に旬を迎えます。藤稔のケーキやロールケーキなどが並ぶ予定です。
そして、年間を通して美味しくいただける「藤稔のレーズンサンド」も、大人気です。
旬の果物を使ったお菓子の品揃えは、日により異なりますので、直接お店にお尋ねください。

お誕生日や記念のケーキなども種類が豊富です。
ぜひお店のホームページもFacebookもチェックされてみてください。

お菓子のアトリエ ニコラ
神奈川県藤沢市遠藤701-6 
TEL:0466-52-5859
Facebookページ

8月2日(木)

・取 材 先:ロワール光月堂 本店 さいとう様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、小麦の栽培からこだわった地域密着のパン屋さん「ロワール光月堂本店」さんにお邪魔してきました。
創業90年を超える老舗のパン屋さんです。

お店の場所は、小田急線 長後駅より商店街を歩いて徒歩6分程のところにあります。
「ロワール光月堂」さんで使用している藤沢産食材といえば、10年程前から藤沢市北部で栽培を始めた“湘南藤沢小麦"です。湘南藤沢小麦の特徴は、“小麦の香ばしさ”、香り高いこと。市内の学校給食でも藤沢産の小麦で作られたパンが使用されているので、 食べたことがある!その美味しさを知っているよ、という方も多いかもしれません。
「ロワール光月堂」さんでは、“湘南藤沢小麦”の全粒粉を配合した食パンや甘食が特に人気です。その他にも、今の時期は冷やして食べるのがオススメ!という藤沢観光名産品に指定されている「湘南あんぱん」も湘南藤沢小麦を配合して製造されているということです。お邪魔した当日は、とても気温が高い日だったんですが、ちょうど冷えた「湘南あんぱん」をいくつもご購入されているお客様がいらっしゃいました。お話を伺うと、以前に食べてとても美味しかったから、また来ました!とのことでした。冷たいあんぱん、ぜひいただいてみたいですよね。
お子様のから年配の方まで、幅広い世代に支持されているパン屋さん「ロワール光月堂 本店」さんです。ぜひお店にお立ち寄りください。
以上、「おいしい藤沢産」のコーナ―でした。
♪ ハミングふじさわ、おしまいはインフォメーションです
ロワール光月堂 本店
神奈川県藤沢市高倉877 
TEL:0466-44-0045
http://panya-jp.com

7月26日(木)

・取 材 先:湘南ダイニング玉丸 玉置様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、地産地消をコンセプトに、こだわりのお肉とお魚、創作料理がいただける和風ダイニング「湘南ダイニング玉丸」さんにお邪魔してきました。
お店の場所は、藤沢駅の南側にあるOPAに隣接したビルの地下1階です。

<お店で使用している藤沢産食材>
豚肉、牛肉、野菜、しらすなど、様々な藤沢産食材をいただくことができます。中でも特徴的なのは、藤沢産の豚肉「みやじ豚」を使ったお料理です。みやじ豚の特徴を研究し、調理方法にこだわってお料理されています。店主たまきさんが自信を持ってお届けする「メンチカツ」や「ロースカツ」、「タツタ揚げ」などは、お客様から大絶賛のお料理です。

最近メニューに加わったばかりという生シラスから作った「しらすの佃煮」もオススメの一品です。私も味見させていただきました!しらすの形と味わいを残しつつ、ピリッと生姜が効いた佃煮で、お酒のおつまみにはもちろん、ご飯の上に乗せていただくのも美味しそうだなぁと思いました。

藤沢の山の幸、海の幸がいただける「湘南ダイニングたまる」さんで、藤沢産の美味しいお料理をぜひご堪能ください。

湘南ダイニング玉丸
藤沢市南藤沢22?14 熱田ビルB1F
TEL 0466-54-7511
http://shonan-dining.com/

7月19日(木)

・取 材 先:UNCLE KEN 宮下様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、移動販売のピザ屋さん「UNCLE KEN」さんにお邪魔してきました!
主に市内のイベントを中心に出店され、石窯を積んだこだわりの車から、焼きたてのピザを提供されているお店です。
「UNCLE KEN」さんのピザは、外は高温で焼きあげたパリパリの食感、そして中は藤沢産小麦のモチモチ感と香りを感じる、まさにオンリーワンのピザです。
定番のマルゲリータや、江ノ島の漁師さんから仕入れたシラスが乗ったピザなどが人気です。

お話を伺った宮下さんは、ピザの材料である小麦の生産や収穫にも参加されています。
ちょうど先月6月に、藤沢産の小麦を収穫したばかりだそうです。収穫後は、乾燥させて、製粉、検査などの工程を経て、今年の11月頃には、新麦で作ったピザがいただける予定とのことです。楽しみです!
その他にも、バジルやナス、ピザに合うトマトづくりにチャレンジしたり、さらには、石窯で使うマキ割りまでご自身で行ったりと、宮下さんは何でもご自身で手掛けていらっしゃいます。とてもパワフルでユニークな方で、その人柄も魅力の1つだなと思いました。

今週末、7月21日(土)、22日(日)、辻堂海浜公園で行われる「辻堂かいひん盆踊り 辻の盆」に出店されます。藤沢産の小麦で作る焼きたてのピザをどうぞお楽しみください。

UNCLE KEN
http://uncle-ken.com/

7月12日(木)

・取 材 先:板そば 仁や 桑原様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今週の「おいしい藤沢産」は、「藤沢産利用推進店」のお店より、藤沢産にこだわったお蕎麦屋さん、「板そば 仁や」さんです。
お店の場所は、藤沢駅北口より徒歩5分程のところにあります。藤沢商工会議所を通りすぎると、国道467号に出ます。交差点を渡ってすぐ右手側にあります。
台数に限りはありますが、駐車場のご用意もありますので、お車でもご来店いただけます。

「板そば 仁や」さんの店内は、とてもおしゃれでした!モダンな飾りやシックな色合いで統一され、新しい感覚のお蕎麦屋さんだなと感じました。

<お店で使用している藤沢産食材>
毎朝、店主の桑原さんが自ら片瀬漁港に足を運んで仕入れてくる鮮魚と、藤沢市亀井野の農園から仕入れている旬のお野菜です。
こうした地場産食材を用いたお料理の中で、人気のメニューでは、お刺身や白身魚の天ぷら、穴子の天丼、そして、彩り豊かな野菜が楽しめる「冷やしたぬき蕎麦」や「野菜カレー南蛮蕎麦」などがあります。さらに、捕れたての甘いとうもろこしで作る「とうもろこしの天ぷら」や「冷やしトマト」、「茄子の揚げびたし」などもおすすめです。

< 家庭でも楽しめるお料理>
「しこいわしの唐揚げ」のレシピを教えていただきました。片瀬漁港で捕れるしこいわしを、お醤油とお酒1対1で混ぜ合わせ、それにすりおろしたショウガを混ぜます。5分置いて、片栗粉をまぶします。油で揚げて出来上がり。ぜひチャレンジしてみたいですね。

藤沢産食材たっぷりのお店で、気さくな店主がお待ちです。
ぜひお立ち寄りになってみてはいかがでしょうか。

板そば 仁や
住所 神奈川県藤沢市藤沢223-8
TEL:0466-90-5820
http://itasoba-jinya.com/

7月5日(木)

・取 材 先:「旬菜おばんざい とうたく」 三木さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、和食のおかず、おばんざいを中心としたお料理がいただけるお店、「旬菜おばんざい とうたく」さんのご登場です。
お店の場所は、藤沢駅北口側より大船方面へ進み、「大道小学校入口」の交差点を超えたとところにあります。
和食のお店ということで、店内は、落ち着いた空間になっています。
テーブルとカウンターとお席がありましたが、中でもカウンター席は、大将の三木さんが目の前でお料理を振る舞ってくださり、大将との会話も楽しめるということで、お客様から人気だそうです。

<お店で使用している藤沢産食材は?>
主に、旬のお野菜と相模湾で捕れたお魚です。お店のお料理の多くで、藤沢産食材がたっぷりと用いられています。三木さんご自身が生まれ育った藤沢の野菜や魚の美味しさを、もっと市民の方に知ってもらいたい!という思いから藤沢産食材にこだわって料理作りをされているとのお話でした。美味しいおばんざいとともに、ご飯もお酒も進みそうです。

お店では、ボリュームたっぷりのランチのセットの他、飲み放題付の宴会プランもお得感満載です。お店を貸切っての利用も大歓迎とのことでした。
ぜひ、「旬菜おばんざい とうたく」さんへお出かけください。

旬菜おばんざい とうたく
住所 神奈川県藤沢市朝日町9-4 朝日ビル1F
TEL:0466-50-1155
http://yongdong.jp/toutaku.html

6月28日(木)

・取 材 先:蕎麦粉食堂BuckWheat
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
●今回は、「藤沢産利用推進店」より、「蕎麦粉食堂BuckWheat」さんにお邪魔してきました。「蕎麦粉食堂」という店名を聞いて、お蕎麦屋さんかなと想像していたのですが、こちらは、そば粉を用いた北イタリアの郷土料理がいただけるイタリアンレストランでした。
お店の場所は、藤沢駅南側、OPAを超えてまっすぐ進み、江ノ電沿いの建物の2階にあります。

<お店で使用している藤沢産食材>
旬の野菜や「みやじ豚」、そして日によってその日に捕れる魚です。地場産の食材をふんだんに用いたお料理が楽しめるお店です。季節の味と美味しさをお客様に味わってほしい!という想いで、地産地消に取り組まれています。

<おしゃれな店内!>
お店の空間は、場所ごとに3つのテーマに分かれています。窓側の席は、“イタリア風”で、小窓から江ノ電を望むことができるテーブル席です。中央は“和”を感じるカウンター席が並び、そして奥は“フレンチ風”で隠れ家的な雰囲気になっています。

<ランチもディナーも大人気!>
ランチタイムは、女性のお客様が多く、夜はワインをゆっくり飲みながら落ち着いた雰囲気の中お過ごしになる方が多いとのことです。店長は「もっともっと男性のお客様にもご利用いただけると嬉しいな」と仰っていました。カウンター席があるので、1人での来店もしやすそうです。スタッフさんとの会話を楽しみながら、ワインなどお酒を楽しむのもオススメです。

飲み放題付の宴会プランや貸し切り利用も大歓迎とのことです。
ぜひ一度お立ち寄りください。

蕎麦粉食堂BuckWheat
住所 神奈川県藤沢市鵠沼橘1丁目1?9
TEL:0466-86-7828

6月21日(木)

・取 材 先:Grill House GREEN オーナーシェフ氏家さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、お肉と野菜を炭火焼でいただけるお店、「Grill House GREEN」(グリル ハウス グリーン)さんにお邪魔してきました。お店は、藤沢駅の南側、OPAの裏あたりにあります。

「Grill House GREEN」さんでは、自家栽培で育てた新鮮な野菜を提供されています。
オーナーシェフの氏家さんが、十数年前に市内で畑を借りたことをきっかけに、野菜の栽培をスタートしたそうです。初めは手探りで、何もわからず、周りの農家の方に教えてもらったこともあったそうです。様々な挑戦をしながら、今や年間で20種類程の無農薬野菜を育てるまでになっています。朝、収穫した野菜を、その日にお店で調理をして提供されています。旬のお野菜は、炭火焼でシンプルにいただくのが美味しい!とのことです。

お野菜はもちろんですが、秘伝のデミグラスソースで作られたハンバーグやハヤシライス、自家製ベーコン、串焼きなども大人気です。
ランチからディナーまでファンが多いお店です。

昔ながらの洋食屋さんの雰囲気もある、おしゃれなカッコイイお店でした。
ぜひ一度、足をお運びになってみてはいかがでしょうか。

Grill House GREEN
住所 神奈川県藤沢市鵠沼橘1-17-11 順天ビル 1F
TEL:0466-27-6577
http://grill-house-green.business.site/

6月14日(木)

・取 材 先:駅前直売所八〇八 中越様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、「駅前直売所八〇八」さんにお邪魔してきました。

お店の場所は、小田急江ノ島線、善行駅東口より徒歩1分程です。
直売所は、車でしか行けない場所にあることが多く、直売所を利用したいお年寄りやお子様連れのお母さんにも利用しやすいお店にしたい!という思いから、駅前にお店を構えられたそうです。

店頭には新鮮な藤沢産野菜が並びます。店内は中越さんご自身が手作りしたテーブルや椅子など、ナチュラルな雰囲気の食事処のスペースが広がっています。
お店では、午前9時から朝カフェがスタートします。午前11時から午後9時までは、食堂としてお食事が楽しめます。ランチもディナーも、お野菜たっぷりのメニューがたくさんありました。夜は、オーガニックワインやカクテルなどお酒とともに、バルのような雰囲気の中のんびりと過ごすお客様も多いようです。

<おすすめの藤沢産>
今回、中越さんご自身が生産されている菊芋を使った「菊芋青汁」を試飲させていただきました。青汁は飲みづらそうだな・・と心配でしたが、飲んでびっくり!でした。スーッと体に入ってくるような優しい甘味がして、とても美味しかったです。
菊芋は、世界3大健康野菜の1つと言われる程に、体に良い影響がたくさんあるということです。実際にお店で、「菊芋青汁」は1杯200円でいただけます。菊芋の加工品として、菊芋きな粉、菊芋チップなども販売中です。ぜひ、直接お店でチェックしてみてください!

駅前直売所八〇八
住所 藤沢市善行7-6-1 サンライズビル1F-C
TEL:0466-47-8448
http://yaoya808.com/

6月7日(木)

・取 材 先:Taste of Living Room
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、創作料理がいただけるカジュアルレストラン、「Taste of Living Room」さんにお邪魔してきました。

お店の場所は、江ノ島電鉄「江の島駅」と湘南モノレール「湘南江の島駅」より徒歩3分程のところ(龍口寺の近く)にあります。お店は道路に面した建物の2階です。

「テイストオブリビングルーム」というおしゃれなお店のネーミングは、「味処の居間」という意味です。お友達の家に遊びに来たような感覚で、肩ヒジはらずに来店してもらいたい!そんな思いが込められているそうです。実際に、お店には、オーナーの趣味のレコードやサーフボードなどがディスプレイされていて、まるでリビングにいるような居心地の良さがありました。

<藤沢産食材がたっぷりいただけるお店>
お店で使われている藤沢産食材は、片瀬漁港から仕入れた魚や、藤沢産の豚肉、新鮮な野菜などです。その他、辻堂でとれた蜂蜜もデザートやピザに使われています。
お店では、ランチタイムからコースでお料理をいただくことができます。ディナータイムは、コースはもちろん、アラカルトメニューも豊富にそろいます。コース料理にも藤沢産食材がたっぷりです!

藤沢産食材を美味しくお料理としてご提供いただけるお店です。
皆さんぜひご利用ください。

Taste of Living Room
住所 藤沢市片瀬3-14-31 えのはビル2F
TEL:0466-47-6724

5月31日(木)

・取 材 先:浜野水産 浜野様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は「藤沢産利用推進店」より、藤沢市片瀬海岸にある境川沿いにあるお店、「浜野水産」さんにお邪魔してきました。

浜野水産さんは、地場産のしらすやワカメを中心とした漁を行い、加工から販売までを行うお店です。実際にお話を伺った浜野さんも漁師さんです。毎朝、漁に出てしらすを捕っています。代々、漁師の仕事を受けついでいらっしゃって、今は次の世代として息子さんもご活躍中です。

<お店に並ぶ藤沢産>
釜揚げしらす、しらす干し、生しらす、たたみいわし、生ワカメ、乾燥ワカメなどです。
どれも漁で捕ったものを、その場で加工したものなので、新鮮そのものです。

<釜揚げシラスのおいしい食べ方>
浜野さんのオススメは、「卵かけご飯にシラスをのせる食べ方」だそうです。
シンプルにシラスの塩気でいただくのが美味しい!朝食にはこれが一番!と教えてくださいました。想像するだけで美味しそう!

しらすやワカメの他に、最近では「赤もく」という海藻にも力を入れていらっしゃいます。「赤もく」は、海藻類の中でも、特に豊富な栄養素を含んでいるため、スーパーフードとして注目度が高まっています。シャキシャキで、ネバネバとした食感も楽しむことができます。

浜野水産
住所 藤沢市片瀬海岸1-1-5
TEL:0466-22-5931
浜野水産Facebookページ

5月24日(木)

・取 材 先:元祖へっころ谷 様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」より、「元祖へっころ谷」さんにお邪魔してきました!

手打ちほうとうと発酵料理がいただけるお店です。今年で創業40周年になるそうです。
古民家風な店内は、どこか懐かしいようなホッと落ち着く空間が広がります。
お店のお料理には、野菜や高座豚など、たくさんの藤沢産食材が使われています。
店主自ら育てている自家栽培の野菜や大豆もたっぷりです。

お客様から大人気のお料理をいくつかご紹介いただきました。
★「豆乳たんたんほうとう」
藤沢産野菜と高座豚も盛り込まれ、自家製ラー油をかけていただくほうとうです。
お店の看板メニューとして、1年中お客様に大人気です。
★「納豆の醤油こうじ漬け」
自家栽培の無農薬の大豆と納豆菌で作られています。
ご飯にもお酒にも合うと評判です。
★「酵素玄米の発幸ランチ」
自家製の発酵料理のワンプレートに、ミニほうとう、玄米がつくランチメニュー。
女性のお客様に大人気だそうです。“幸せを発する”発酵=発幸料理です。

周りを笑顔にしてくれるパワフルで素敵な店主がお待ちです。ぜひお出かけください。

元祖へっころ谷
住所 神奈川県藤沢市亀井野3丁目30?1
TEL  466-82-1702
HP  http://hekkoro.com

5月17日(木)

・取 材 先:パン工房AOKI
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------

今回は、国産小麦粉の天然酵母のパン、添加物を使用しない安心なパンを提供されているパン屋さん、「パン工房AOKI」さんにお邪魔してきました!

お店の場所は、湘南台駅西口より徒歩10分程。引地川を渡ってすぐのところにあります。

お店で使用されている藤沢産食材は、主に、店主の青木さんが自ら育てている自家栽培の野菜やフルーツなどです。さつまいも、ホウレンソウ、ブロッコリー、ブルーベリー、クランベリー、キュウイなど、たくさんあります。
お店には、毎日80種類ほどのパンが並びます。食事パンや菓子パン、サンドイッチなどその種類も様々です。特にファンが多いという食事パンは、シンプルでありながらも飽きさせない味わいと、天然酵母ならではのモチモチとした食感が大人気です。噛めば噛むほど味わい深くなるパンでした。
青木さんは、もともとシェフ出身ということもあり、調理をすることで、素材の美味しさを引き出すことをいつも考えながらパンを作っているのだそうです。

<店内でお食事も!>
ウッドデッキのスペースと、店内にもイートインスペースがあり、その場でパンをいただくことができるのも特徴です。ランチメニュー、ドリンクもご用意があります。

ぜひ皆さんも、おいしいパンを味わってみてください!

パン工房AOKI
神奈川県藤沢市円行2-1-11 
Tel 0466-46-5121
HP  http://www.pan-aoki.com/

5月10日(木)

・取 材 先:湘南レストランあの熊のもり
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------

今回は、「藤沢産利用推進店」より、JR辻堂駅の南側にある「湘南レストランあの熊のもり」さんにお邪魔してきました。地場産食材をたっぷりと用いたお料理が評判の一軒家レストランです。先月4月末に、お店をスタートして19周年目を迎えたばかりです。

藤沢産を用いたオススメのお料理を2つ、ご紹介いただきました。
1)『自家製』テリーヌ
採れたて野菜をふんだんに使ったテリーヌには、季節毎の旬な野菜がたっぷりです。季節の味わいが楽しめる一品です。
2)「湘南ポークのビール煮」
肉質がきめ細かく、脂身のとろけるような美味しさが特徴の湘南ポークを、手間と時間をかけて煮込んで作られています。ぜひ味わっていいただきたい一品です。

コース料理や貸切のご予約も受付中!
19周年記念の感謝コース、飲み物100種類飲み放題付コースなどのご用意があります。
女子会やママ会などにもオススメです。
隠れ家風のとても居心地の良い店内で、おいしい藤沢産のお料理をぜひ召し上がってみてください。

湘南レストランあの熊のもり
神奈川県藤沢市辻堂1-8-30 Tel 0466-37-4525

5月3日(木)

・取 材 先:みーとはうすKANEKO 金子 京子様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------

今回は、「藤沢産利用推進店」の登録店である「みーとはうすKANEKO」さんにお邪魔してきました。

営業日は、土曜日、日曜日、月曜日の週3日です。営業日にはお店の前に赤いのぼり旗が立っていますので、目印にしてください。
みーとはうすKANEKOさんは、養豚農家の直売店です。豚肉の新鮮さと、生産者の顔が見える安心感があります。
店内の冷蔵ショーケースには、フレッシュな豚肉が並びます。ロースや豚バラブロック、ひき肉、味噌でつけた「豚づけ」など様々です。金子さんの豚肉は、臭みがなく、やわらかい、そして日持ちがすると評判です。
金子さん手作りのお惣菜も大変人気があります。メンチカツやミートコロッケ、かぼちゃコロッケ、サトイモコロッケ、串カツなどがお手頃価格で揃います。お子様のファンも多いというサトイモコロッケは、今月5月末ぐらいまではいただくことができるそうです。お惣菜は、揚げてないものを購入して自宅で揚げるか、またはその場で揚げていただくこともできます。実際に、私もコロッケを試食させていただきました。“アツアツ、サクサク、ジュワ~”っとお肉の味わいと野菜の甘みが大変美味しかったです。まとまった数量のコロッケをお求めの場合は、お電話でご予約も受付中とのことです。

<手作りのウィンナー教室も受付中>
参加者6名以上から。開催日時はご要望で相談可能です。事前予約が必要です。出張も可。

みーとはうすKANEKO
神奈川県藤沢市打戻3392
Tel 0466-48-3536

4月26日(木)

・取 材 先: NPO法人地域魅力 田中様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」に認定されているメニュー、「藤沢炒麺」を開発された「NPO法人地域魅力」さんにお邪魔してきました。

藤沢炒麺とは、藤沢産の小麦を使った地粉麺に、藤沢産野菜や豚肉を合わせて炒めた藤沢の地場産グルメです。
今から10年程前に登場した藤沢炒麺は、市内の飲食店やお祭りでも味わうことができ、今や多くの方に知っていただいています。藤沢炒麺を食べたお客様から、藤沢で小麦がとれることを初めて知った!などの声をもらうことも多いそうです。そんな時、田中さんは、藤沢の魅力を1人でも多くの方に伝えられていることを実感して、「やっててよかった」と思うそうです。
「藤沢炒麺」を食べてみたい!という方は、今週末から始まるゴールデンウィーク中も市内での出店があるということです。来月5月26日(土)、27日(日)の2日間、「ふじさわ産業フェスタ」にも出店されます。詳しくは、「NPO法人地域魅力」さんのホームページや、「藤沢炒麺」のFacebookページに掲載されていますので、ぜひチェックして、お出かけください。

NPO法人地域魅力
神奈川県藤沢市鵠沼桜ケ岡1-6-12
Tel 0466-86-5452 
https://chiikimiryoku.jimdo.com/

4月19日(木)

・取 材 先: 味処新勝丸 福島様
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」に認定されているお店の中から、「味どころ新勝丸」さんにお邪魔してきました。
「味どころ新勝丸」さんは、地場産の新鮮な海鮮物を、おいしい地酒とともに堪能することができるお店です。江の島の島内出身の店主、福島さんが、毎日ご自身の目で確かめて仕入れをされています。この時期は、藤沢産のわかめや生しらす、さざえなどがいただけます。また、その日に仕入れた新鮮なお魚も並びます。これからの時期は、あじ、さば、かんぱち、とびうおなどが美味しい時期になってくるそうです。
お店の一番人気のお料理として、「湘南石焼きリゾット」をご紹介いただきました。ガーリックバターライスに、カリっと香ばしい帆立やイカのかき揚げが散りばめられて、地場産のしらすも盛り込まれています。自慢の一品はぜひ味わってみたいですね。
ランチタイムも550円~と大変お得なメニューのご用意があります。
ぜひ一度お出かけいただき、旬の食材を味わってみてください。

味処新勝丸
神奈川県藤沢市鵠沼橘1-17-15 3F
(藤沢駅南口より徒歩2分、オーパの裏手にあるビルの3階です)
Tel 0466-50-0393

4月12日(木)

・取 材 先: 「純米酒料理屋しぇんろん」羽鳥さん
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
今回は、「藤沢産利用推進店」に認定されているお店の中から、「純米酒料理屋しぇんろん」さんにお邪魔してきました。

お店の場所は、藤沢駅南口より、徒歩5分程、スーパー、オーケー藤沢店を超えた通り沿い、地下一階です。
藤沢産の食材にこだわり、ほとんどのお料理を手作りでご提供されているお店です。
今から10年程前に、藤沢の農家の方と知り合ったことを機に藤沢産の野菜などを多く取り入れるようになったそうです。お話いただいた羽鳥さんは、「農業に力を入れていて、お魚も美味しいのが藤沢の魅力。この藤沢の食材を使用することが、地方創世の第一歩になる思う」と、熱い思いをお持ちです。
藤沢産の豚肉を用いた“豚肉の塩焼き”や“手作りベーコン、ハム”は絶品です。藤沢産豚肉は、臭みがなく、とにかく脂身が美味しいことが特徴だそうです。
この他にも、たくさんの手作り料理がありますが、「丸ごと藤沢産地産地消コース」という藤沢産食材ばかりをいただける宴会コースもオススメです。
お料理に合う純米酒はもちろん、藤沢産の赤シソやカリンのジュースなどお酒が飲めない方に向けたお飲み物も豊富に揃っています。
お食事も、飲み物も、手作りにこだわったお店「純米酒料理屋しぇんろん」さんに、ぜひ一度お出かけください。

純米酒料理屋 しぇんろん
〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢6-15 カサハラビル藤沢2 B1
Tel 0466-50-5093
http://fujisawa-shenlon.com/

4月5日放送

・取 材 先:「旬菜食健ひな野 藤沢鵠沼店」
・リポーター:原田ちえこ
---------------------------------------------------------------------------------
4月から、新コーナー「おいしい藤沢産」がスタートしました!
藤沢市広報番組「ハミングふじさわ」の毎週木曜日にお聞きいただけます。

藤沢市では、地産地消の推進、地場農水産物の消費拡大を目的として、藤沢産の農水産物や食品を取り扱う飲食店を「藤沢産利用推進店」として認定する事業を行っています。
「おいしい藤沢産」の記念すべき第一回目は、「藤沢産利用推進店」に認定されているお店の中から、美味しさと健康にこだわったビュッフェレストラン「旬菜食健ひな野 藤沢鵠沼店」さんにお邪魔してきました。
季節ごとに旬なもの、新鮮な藤沢産野菜をたっぷりといただくことができるお店です。
中でもお客様から大好評なお料理は、「野菜のお寿司」です。まるで本物のお寿司のような見た目で、見ているだけでも楽しくなります。とても美味しそうでした。

<お料理のポイント>
今が旬の食材について、アドバイスいただきました。
「菜の花」:菜の花を茹でる際は、茹で過ぎないこと。“長くても20秒さっとゆでる”、この茹で時間がポイントです。
「たけのこ」:たけのこは、水煮ではなく、生から、ヌカで湯がいて調理するのが一番おいしい。湯がいたタケノコを、お刺身のようにわさび醤油で味付けするのがオススメです。

おいしい藤沢産野菜が並ぶお店、「旬菜食健ひなの藤沢鵠沼店」さんに、ぜひ一度お出かけください

旬菜食健ひな野藤沢鵠沼店
ホームページ http://www.hinano-net.jp/
住所 〒251-0028 神奈川県藤沢市本鵠沼3-12-33 ベルプラザ2F
電話 0466-33-1158