Thinking Avenue 放送後記

Thinking Avenue 放送後記をお届けします!

記事一覧

コロナウィルスの影響

みなさんこんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。

関東地方に、春一番が吹きました!

相変わらず、コロナウィルスの感染が止まりません。このおかげで、さまざまなイベントが相次いで中止となっています。そのひとつ、「東京マラソン」は、一般の参加者の発走の中止を発表しました。過去に、一定のレースタイムを記録した実績を持つ選手が参加する、「エリートの部」のみの開催となるということです。都心部をコースとし、沿道に何十万、何百万の人が応援する、国内最大規模の大会ですから、中止もやむをえないと思います。今回参加予定だった一般参加者については、来年への参加を認めるということです。ただこのニュース、一つ気になったのは、参加費用が返金されないという点です。来年への参加も、枠は確保されるものの、参加費は再度支払わなければならないということだそうです。この点について、参加者から不満の声が上がっています。主催者の東京マラソン財団は、「返金の理由に、いわゆるウィルスなどは含まれていない。」「参加費用の大部分は、大会準備の段階で遣っている。」などの理由を挙げています。まあ、わからないでもないですが、せめて、来年の参加費を免除するなどの措置をとることはできないんでしょうか?参加者によって大きく成長してきた東京マラソンですから、参加者へのそのあたりの配慮はあってもいいのではないか、と思います。

次回のシンキンも、生放送でお送りいたします!

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2020年02月24日(月)09時58分

ダメ、ゼッタイ!

みなさんこんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。

暖かかったり、寒かったり、忙しい毎日ですね。(笑)

某、有名歌手が、覚せい剤と危険ドラッグ所持で逮捕されました。(皆さんご存知だと思うので、あえて氏名は伏せます。)ここ数年、芸能人の方が、薬物関連で立て続けに逮捕されています。今回逮捕された歌手は、以前にも同罪で逮捕歴があります。あれから20年ほど経過しているので、完全に薬物との関係を断ち切ったと思ったのですが・・・。私は、この方の楽曲が好きで、CDも持っています。ほんとに、残念です。また同時に、一度手を出したら二度と抜け出せないという薬物の怖さをつくづく思い知りました。違法薬物は、「ダメ、ゼッタイ!」です。

次回のシンキンも、生放送でお送りいたします!

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2020年02月17日(月)08時04分

新スタジオから!

みなさんこんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。

新型コロナウィルスが依然、猛威を振るっています。

今回のシンキンは、レディオ湘南新スタジオから初めて、しかも、生放送でお送りしました!新スタジオがある、藤沢市役所分庁舎は、旧本庁の建物で、分庁舎として1月から運用が開始されました。建物の内部は全面的にリニューアルされていて、市役所新庁舎と同じようなデザインになっています。レディオ湘南は、1Fに本社事務所とスタジオなどがあり、スタジオは外から見ることができるように、ガラス張りになっています。シンキンも生放送の場合は放送中のスタジオをご覧いただくことができます。お近くにおいでの際には、是非お寄りになってみてください!

そして、次回のシンキンも、生放送でお送りいたします!

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2020年02月11日(火)08時17分

このまちで働く。

みなさんこんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。

2月に突入です!今年もあと、残り11か月ですね。(笑)

今回のシンキン、2月最初の放送ということで、地域密着型フリーマガジン「フジマニ」編集長の三浦さんにスタジオにお越しいただきました。今月は、紙媒体のフジマニが発行される月です。最新号のフジマニでは、「このまちで働く」を特集しています。これまでも湘南の魅力をたくさん発信してきているフジマニですが、いっそ、働く場所も湘南にしてみたら、という特集です。私は藤沢から都心まで、電車で通っていますが、毎朝の通勤ラッシュは非常につらいものがあります。(涙)三浦さんのお話をお伺いして、地元で仕事ができればどんなにいいことか、と思ってしまいました。仕事の帰りにフラっと湘南の海を見に行く、なんて最高の生活ですよね。私も本気で、考えてみようと思いました。

次回のシンキン、生放送でお送りいたします!

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2020年02月04日(火)09時28分

酒は楽しく、適量に。

みなさんこんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。

あっという間に、1月も終わろうとしています。早いものです・・・。

今回のシンキン、「That’s Entertainment」では、ちょっといつもと趣向を変えて、「ストロングチューハイは規制すべきか?」を取り上げました。ストロングチューハイは、ビールや発泡酒などよりも安く、多くの商品でアルコール度数が9%近くと、「安く酔える」ことが人気を博し、販売量が増加しています。一方で、価格の安さに加え、味を調え飲みやすくしているために、大量のアルコールを簡単に摂取できてしまうことが、問題視されています。結果、「酒のトラブルを増長させる」ということにつながるという意見が多い訳です。・・・この手の話題になるといつも思ってしまうのですが、「酒のトラブル」は、お酒に原因があるのではなく、「その人」自体に原因があるのだと思うのです。私もお酒が大好きですが、休みの日でも決して昼間から飲むことはありませんし、飲み始めたら止まらないこともありません。要は、「飲み方」の問題なのだと思うのです。「アルコール度数が高いから」と、あたかも酒そのものにその原因があるような風潮には、疑問を感じるのです。どんなお酒を飲むにしろ、「酒は楽しく、適量に。」を心がけましょう!

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2020年01月27日(月)16時46分
Web Diary