Thinking Avenue 放送後記

Thinking Avenue 放送後記をお届けします!

記事一覧

秋の湘南

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

日に日に秋の気配が強くなってきている今日、この頃です。

さて、今回のシンキン、番組最後の「インフォメーションスクエア」では、いつもより、時間があったので、湘南エリアのイベントをいくつかご紹介いたしました。たとえば、10/20の藤沢花火大会。昨年は残念ながら台風の影響で中止となってしまいましたが、今年は今のところ、当日のお天気に大きな崩れはなさそうです。最大の「2尺玉」をはじめとして、3,000発の打ち上げ花火が江の島の夜空を華麗に彩ります!その他、同じ10/20、そして10/21に県立辻堂海浜公園で開催される、「Shonan Autumn Fes 2018」。こちらは神奈川県内のFMラジオ局15局が企画運営する、音楽あり、スポーツあり、グルメありのスペシャルイベントです。当日は上記の他、様々な出店ブースも開設され、秋の湘南を肌で感じながら思いっきり楽しめるものになります!湘南エリアでは、この後も様々なイベントが開催されます。是非、レディオ湘南の各番組でチェックして、秋の湘南を満喫してください!

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2018年10月15日(月)07時20分 New!

地元民ならではの楽しみ方

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

10月に突入しました。季節は秋ですね・・・。

今回のシンキンは、10月最初の週ということで、地域密着型フリーマガジン、「フジマニ」編集長、三浦さんにご出演いただきました。三浦さん、少し体調を崩されていたということです。お忙し過ぎなんですね。そんな状態でスタジオにおいでいただきまして、恐縮でございます。。。最新10月号のフジマニでは、特集として、「新江ノ島水族館」を取り上げています。水族館と言えば、大きな水槽に多くの海の生物を見ることができるわけですが、フジマニではちょっと違う、地元民ならではの利用方法を紹介しています。新江ノ島水族館には「年間パスポート(年パス)」があるのをご存知ですか?この年パス、大人でも4,800円と、通常の2回分の入場料金で1年間何回でも入場できる、超お得なパスポートです。
新江ノ島水族館は有名な観光スポットなので、土日祝日はさがに混雑します。そこで、年パスを購入して、開館と同時に入場し、カフェで熱いコーヒーと昼頃には売り切れてしまうという、名物「カメロンパン」「カワウソパン」で朝食を摂って一日のスタート!なんてことも地元民ならではの過ごしかたですね。フジマニではその他、新江ノ島水族館の地元民ならではのちょっと「おしゃれ(笑)」な利用方法が盛りだくさんです!最新10月号の「フジマニ」、是非お手にとってご覧ください!

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2018年10月07日(日)08時31分

残念

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

いよいよ9月も終わりですね。朝晩、吐く息が白い日も出てきました。あの暑さは何だったのでしょうか?

毎年恒例の第45回藤沢市民まつり台風の接近に伴い、大幅に規模が縮小されて開催されました。ここ数年、連続でステージの司会を担当させていただいてますが、悪天候でステージ企画や屋外イベントが中止になったのは記憶にありません。各参加者の皆さんはこの日のために、練習や準備を行ってきたと思うと、本当に残念でなりません。しかし、天気が原因ということであれば、しょうがない、とも思えます。しかし今年は気象、自然現象が以上尽くめですね。夏の猛暑、自身、台風、大雨・・・。平成も終わりを告げようとしているこんな時に、なんと神様の意地悪なことかと思います。来年の第46回藤沢市民まつりは今年の分も含めてより盛り上げることを期待しましょう!

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2018年10月01日(月)07時48分

ほっこりする話

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

秋の長雨が続く、今日、この頃です。

今回のシンキンですが、少しいいお話をご紹介いたしました。茨城県の8歳の小学生が、夏休み期間中、地元の目の不自由なお年寄りの方の散歩に一緒に行ってあげ続けたというお話です。このお年寄りは81歳の目が不自由な女性で、毎日朝と夕方に飼い犬と一緒に散歩をしているというのですが、それを知った小学生が、自ら一緒について行ったのです。この女性から小学生が通う小学校に手紙が送られ、この小学生の行いを全校児童の前で紹介、褒めてあげてほしい、という内容でした。これを知った学校は全校の児童の前でこの小学生の行動を紹介し、校長先生から感謝状が送られたのだそうです。地元の市長さんも駆け付けたそうです。・・・毎日毎日、事件や事故など何かと暗い出来事が目立つ昨今ですが、このような小学生の行いを聞くにつけ、日本はまだまだ捨てたもんじゃないと実感いたしました。この小学生の将来が楽しみですね。
 
次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2018年09月24日(月)16時52分

2年を切りました。

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

すっかり秋めいてきた、今日、この頃です。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ボランティア募集がまもなく始まります。藤沢市でも、「都市ボランティア」を募集します。一部で、「長期の拘束なのに、完全ボランティアでいいのか?」などとの声もありますが、オリンピック・パラリンピックの精神からすると、そのような報酬や見返りに関係なく自分のできる範囲で協力できる人ができる範囲でやればいいのではないでしょうか?もちろん、仕事をしている人などは、参加条件である、「10日間の大会期間中の半分以上の参加」などの条件はなかなか難しいですよね。実際にボランティアに参加するという形ではなく、例えば、大会期間中の休みの日に、会場まで行って応援するとか、もっと言えばテレビ中継を見ながら応援することも間接的なボランティア活動と言えるのではないでしょうか?本番まで、2年を切りました。藤沢市で開催されるセーリング競技はもちろん、東京オリンピック・パラリンピック全体が盛り上がり、成功裡に終わらせることができるか否かは、選手・役員だけではなく、応援する側にもかかっていると言えるのではないでしょうか?

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2018年09月16日(日)11時13分
Web Diary