Thinking Avenue 放送後記

Thinking Avenue 放送後記をお届けします!

記事一覧

わいわい市

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。

いよいよ、6月です。今にも梅雨に突入しそうな今日、この頃ですね。

今回のシンキンも、収録でお送りいたしました。6月最初の週ということで、地域密着型フリーマガジン「フジマニ」編集長、三浦さんにご出演・・・の予定でしたが、三浦編集長が出張ということで、急遽、私が「フジマニ」最新6月号の内容をご紹介させていただきました。特集は「藤沢を食べよう」ということで、藤沢市内の各所で収穫される野菜や、それらを使った料理を提供している食堂などを取り上げています。その中でも、藤沢野菜をはじめ、さまざまな地元食材などをお求めいただける「藤沢わいわい市」をご紹介いたしました。正式には、「JAさがみわいわい市藤沢店」といいますが、そこで販売されているさまざまな農作物は、生産者の方が直接店頭へ運び、陳列も自らが行うのだそうです。ですから、新鮮さは折り紙つきです。商品についているバーコードには、生産者名と産地が明記されています。食の安全が強く意識されている今、安心して食べられる物だけが販売されています。わいわい市には、新鮮野菜だけではなく、加工品や湘南小麦を使ったパン、産みたて新鮮卵や、お米なども並んでおり、豊富な品揃えです。是非お出かけください。その他、お得な情報やイベント情報などが盛りだくさんの「フジマニ」6月号、是非お手にとってご覧ください!

次回のシンキンお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

☆JAさがみわいわい市藤沢店
 藤沢市亀井野2504 ☎0466-90-0831

  • 2018年06月04日(月)12時46分

スポーツマンシップに反します。

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

気が付けば、5月も終わりに近づいています。時の経つのは、早い・・・。

5月最終週ということで、毎日新聞論説委員、澤圭一郎さんにお電話でご出演いただきました。話題は、「アメフト悪質タックル問題」です。(大学名は皆さんご存知だと思いますが、ここではあえて伏せます。)澤さんも仰っておりましたが、今回の件、タックルをした方の大学の対応がめちゃくちゃですね。タックルをした学生は単独で、しかも顔出しで記者会見を開き、「監督からの指示があった」と明確にしているにも関わらず、その後日開かれた監督、コーチの会見では、「指示はしていない。」の一点張り。選手を守るどころか、責任を全部選手に押し付ける形です。スポーツの名門チームですから、プレー中に厳しい指示が出るのもわかります。でもそれは、「ルール」「スポーツマンシップ」が大前提です。相手選手にけがを負わせる(今回の件、タックルをした側の監督やコーチは、そのようには指示はしていないとは言っていますが)ようなプレーを選手に行わせることは、指導者以前の問題だと思います。今回の問題、一大学の問題だけでなく、スポーツ界、国までをも巻き込んだものになりつつあります。タックルをした大学側の真摯な態度が求められます。

次回のシンキンもお聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。

  • 2018年05月28日(月)10時52分

稀代のスーパースター

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

朝、出かける時に外に出ると、この時期特有の青臭いにおいがする今日、このごろです。(笑)

今回のシンキンも、収録でお送りいたしました。番組でも取り上げましたが、歌手の西城秀樹さんが亡くなりました。多くの皆さんがおそらくそうだったように、私も非常に驚きました。西城さんはこれまでに2度脳梗塞で倒れられて、懸命のリハビリを続けていた矢先の出来事でした。よく使われる「男性アイドル」とはまた違った、独特のオーラ、カリスマ性、カッコよさを兼ね備えたアーティストだったと思います。私が小学生低学年のころ、そのころ多くあった歌番組のほとんどすべてに出演していて、特に「ヤングマン」などは、そのころの男子だったら、誰でも踊れていた記憶があります。リハビリの最中にも、もう一度ステージで歌いたい、ファンの前に出たいという気持ちを常に抱いていたということです。西城さんのような方を「スーパースター」と呼ぶのではないか、と思います。ご本人はさぞ、無念だったと思います。西城さんの姿を見ることはもはや叶いませんが、西城さんの音楽や映像は、永遠に残ります。まさに、日本の歌謡シーンの一時代を築いたアーティストでした。ご冥福をお祈りいたします。

やまもとゆずるでした。

  • 2018年05月21日(月)09時30分

Aスタジオは開放的!

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

初夏を思わせる日が出てきました。夏はすぐそこまで来ているのかも。

さて、今回のシンキンは急遽収録でお送りいたしました。ここ数日、私の仕事環境に様々な変化がございまして・・・。(涙)久しぶりの収録だったわけですが、今回は、レディオ湘南内の、通常は生放送で使用している「Aスタジオ」で収録を行いました。いつもの収録は、Aスタジオの奥にあります、「Bスタジオ」(別名「アナウンスブース」と呼んでいます。)で行っており、こちらはAスタジオよりも手狭で、暗い感じ(ごめんなさい)なんです。それに比べましてAスタジオは、おいでいただいたことがあるリスナーの方はご存知だと思いますが、遊行通りに面していることもあり、ガラス張りで開放的な空間です。シンキンが生放送の時はAスタジオから放送するのですが、番組は19:00開始で夏でも日が落ちている時間帯なので、太陽の光はその時間帯には入ってきません。今回の収録は、昼間に行われて、しかも「ピーカン」だったこともあり、むちゃくちゃ明るい雰囲気で収録を進めることができました。(収録だったので、もちろんスタジオ外に音声は流れませんでしたが。)実は次回のシンキンも収録で、かつ、Aスタジオで行う予定です。(ごめんなさい、日時はお教えすることはできませんが。)より、開放的な気分でお送りしてまいります!

次回のシンキンもお聴き逃しなく!

やまもとゆずるでした。

  • 2018年05月14日(月)12時25分

湘南経済新聞

みなさん、こんにちは。「Thinking Avenue」パーソナリティー、山本譲です。いかがお過ごしですか?

これを書いている今、大型連休が終わりました。しばらくは、連休がありません。頑張りましょう。・・・すみません、私の怠け癖が出てしまい、放送後記を1週さぼってしまいました。

今回のシンキン、5月最初の放送ということで、地域密着型フリーマガジン「フジマニ」編集長、三浦さんにスタジオにおいでいただきましてお話をお伺いいたしました。以前からお伝えしておりますが、「フジマニ」は紙媒体としては、隔月発行になっております。WEBを充実させるということで、「湘南経済新聞」と「フジマニ」が提携して情報を発信しています。番組では、その湘南経済新聞について、三浦さんにご紹介いただきました。紙面では限りがありますが、ネットでは様々な情報をアップできるということで、私も早速拝見したのですが、まさに湘南地域密着の情報、話題が盛りだくさんです。特にこれからの季節、行楽やレジャー、イベントが盛りだくさんの湘南エリア、是非、「湘南経済新聞」をこまめにチェックしてみてくださいね!

次回のシンキンも生放送でお送りいたします。お聴き逃しなく。

やまもとゆずるでした。


<湘南経済新聞 公式HP>
https://shonan.keizai.biz/info/aboutus.html

  • 2018年05月07日(月)09時20分
Web Diary